山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2015年06月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

会社訪問

778 12345

今日は、46名の方が会社訪問して下さった。

だから、朝から大変。

皆さん「はっぴいさん」に興味があるようで熱心な方ばかり。

無事終わって、喜んでいただけたようなので少し安心しました。

私も昔はあちこちの会社に勉強に行ったものです。

勉強に行っても、親切な会社と不親切な会社があってね。

大変だったことを思い出しました。

全国を回っていた頃が、懐かしいなぁ。

369

と、思いつつお話を。

真面目に話しているでしょ。

2015/06/26

 

小説を読みたい

235

小説を読みたくなって、読み始めた。

面白いね。

あの サミットの会場としてきまった「志摩観光ホテル」から始まるお正月の描写から書き出しが始まる。

正月の始めはフランス語。次の日は、英語で話をする決まりになっているそうだ。

事実に基づいて書かれているそうだから飛び切りのお金持ちは違うなぁ。

と、感心してしまう。

2015/06/22

 

父の建てた家

父が建てた家にお住いのご家族がリフォームの依頼に来てくださった。

来社して下さったお客様にいつも通り挨拶をしました。
「ありがとうございます。」
すると、お客様から「一郎さんはいるかね」
久しぶりでした。
20年くらいまではお客様から良くいただいた言葉でした。
そして、父が亡くなってから初めていただいた言葉でした。

「絆」

「感謝」

「父への想い」

など、いろいろな想いがこみ上げてきました。

この仕事をしていてよかったな。

2015/06/20

 

お客様と話して

pp

昨日は、「秘密のOB邸ツアー」を二日間にわたって開催しました。

「秘密の」とつけたのは、広告を打たずに開催した企画からで、別に怪しい企画ではありません。楽しい企画。

これから家づくりするご家族をOB邸に案内する企画です。

これから家を建てようと考えているお客様を案内すると、OB邸のOBさんも気遣ってくれて、大サービスをしてくれたそうです。

お客様ご夫婦が「どこもかしこも扉を開けて説明をしてくれるので、驚いたけど、私たちの事を考えてくれているのが分かって嬉しかった。」
「家づくりの先輩と直接話が出来て心配事が少なくなった。」
と私に話してくれました。

お客様に支えられているなぁ、と またまた実感しました。

また、午後には 契約に立ち会い お客様にお礼を伝えた時、

私「数ある会社の中からどうして当社を選んでくれたのですか?」

お客様「地元の工務店だと思ったからですよ。」

私「どこを見て地元の工務店だと思ってくれたのですか?」

お客様「見ればわかりますよ。」

自分で地元の工務店というのは簡単ですが、お客様から言っていただくなんて嬉しいじゃありませんか。


など、嬉しい一日を過ごした私でした。

2015/06/15

 

姪の結婚式

oo

昨日は、姪の結婚式に招待されて浮月楼に行ってきました。

http://www.fugetsuro.co.jp/history/history.html



歴史を感じさせる建物、日本庭園 

雨に降られた後、屋外での結婚式だった。

新婦の父親が手を取って池にかけられた橋をゆっくりと渡る様子を見ていて胸を打たれた。

私にも二人の娘がいるので自分の感情としてかぶってくるのだろうか。

新郎側の家族がやけに楽しそうに見えたりもするしね。

目出度い、でもね。

幸せになってね。おめでとう。

2015/06/13

 

現場見学会

今日から2日間現場見学会を開催しています。

今回は、小冊子からポスターを作って 見やすい現場見学会 となるようにしています。

興味のあるご家族はおいでください。

お待ちしています。

2015/06/06

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ