山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2012年05月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

家を建てたい と、来社されたお客様

今日、家を建てたい。相談に乗ってもらいたい。 ということで、あるお客様が 来社された。

当社を選んでくれた理由をお聞かせ下さい。

発泡断熱材を使っているのが、気に入ったから。

33333

嬉しいですね。

冷蔵庫に発泡断熱材を使っていることは知っている。

この断熱材は性能がいいんだよね。

そぉなんですよ。

 
そんな話で盛り上がりました。

2012/05/25

 

スクワット

スクワットを毎日やっている。回数は少ないけどね。今まで自分がやっていたスクワットにひと工夫加える事になりそうだ。

d

この本を見つけたから。

この番組は面白くて時間があれば観ている。

そこにこんな事が書かれていたんだ。

s

実際にやってみると、脚の筋肉を使っていることが良く分かる。

体の使い方は簡単なようで難しい。

2012/05/19

 

着工式 その二

昨夜の着工式も良かった。


お施主さんは、高校の先輩

着工式に参加していただいたのは、お父さん・先輩・奥さま。

「挨拶について何も準備していなかった。」から始まった着工式の時に頂いたご挨拶は、ここに書き込みたいぐらいだ。

そして最後に「山田君ありがとう」と声をかけていただいた時には、正直涙が。

嬉しかった。

竣工まで気を抜かず、最後にも声をかけていただけるよう頑張ろうと思う。

今日も着工式が予定されている。
どんな着工式になるのか今からとても楽しみ。

2012/05/19

 

着工式

昨夜の着工式は印象に残る着工式だった。

お客様は高齢のご夫婦でお二人で住まわれるお家の着工式。

お客様からの挨拶の場面で、ご自分の人生を振り返り、これまでの話を交えながら家づくりについての考えや取り組みについての話が印象に残った。

ここで詳しく書き込む事ができないのが残念。

お客様の人生が映像として感じられ、今回の家づくりにかける意気込みも充分に伝わってきたのだった。

重要な節目に家づくりという仕事でお手伝いできるこの仕事に感謝。

そして、お客様の期待に応えられるよう頑張ろうと誓った着工式でした。

2012/05/18

 

37期 目標

37期の目標を「丁寧に取り組む」とした。

丁寧とは、無理、無駄、間違いを無くす事。

また、丁寧に=ゆっくり ではない。

急いでゆっくりやる。という事。矛盾しているようだが、そんな事はない。

生産性を上げて効率を高める。品質を高めなくては、お客様に喜んではいただけない。

詳しくは、37期経営計画発表会で説明する予定で準備している。

2012/05/14

 

サービスの心得  課題図書

高萩徳宗 著 「サービスの心得」

高萩先生からご縁をいただいてこの度講演をお願いできる事になった。嬉しい限りだ。もともとは「サービスの教科書」という本の著者として知っていただけで、まさか講演をお願いできるようになるとは思っていなかった。

私は昔「一般的に思われているサービス」について疑問を持っていた。
その疑問に答えてくれたのが「サービスの教科書」に書かれている内容だった。

目からウロコが何枚も落ちたことを今でも記憶しているほどだ。

理不尽な要求に対しても我慢しながら応えなければならない。=お客様は神様 =当然 と当時頭の中ではなっていた。

しかし、違和感が残り、苦しかった。

何て事を三波先生は言ってくれたんだ。と、思い 我慢して理不尽な要求に応えていた。

今では懐かしい思い出になっている。


私にとって大きな学びを与えてくれたあの高萩先生の講演を開催出来る。

そこで、講演の学びを深める為に、スタッフはもちろんパートナー全員に最近の著書をプレゼントする事に決めた。

昨日から配布を始めた。実際の講演は6月23日。

開催までには日はあるが皆読み込んでくれると嬉しいと思っている。


追伸:来年の新卒内定者のあなたにもプレゼントするので楽しみに待っていて欲しい。

2012/05/09

 

黄金週間

黄金週間は大変だった。
DVDを12も借りてしまったからだ。
さすがに12も観るのは辛かった。

2012/05/08

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ