山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2012年02月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

第25回はっぴいバザール

14年前にはじめてイベントを行い今日まで続いている。

はっぴいバザール  25回を数えるまでになった。毎回多くのお客様に来場いただいているから『嬉しい』

今年も開催。朝から天気が良くなかったが、多くのお客様に来場いただいた。嬉しい限りだ。ありがとうございます。

b-01

バザールの入り口。

b-1

近づくとこんな感じ

b-4

多くのお客様と共に。ありがとうございます。

b-3 b-2

2012/02/25

 

コインランドリー

ある日の事。何故なのか理由は分からないが、コインランドリーを使ってみたくなった。学生の時以来だ。
色々と進化しているだろうと勝手に想像をして、勝手にワクワクしていた。

タイミングを図っていたら、ついにコインランドリーを使う機会を迎えた。
(タイミングを図る。とは、自分にとってコインランドリーを使う納得できる理由が出来るまで待っていたという事。;めんどくさい年寄りだな。)

「よしっ」と、気合を入れた。
(気が小さいから気合を入れないと動く事が出来ない。からだ。)

この歳でコインランドリーを使う?何て思いながらまず一軒目に突入。
混んでいる。
客層は?
私のような年齢の人もいるじゃないか。
あらあら、ホームレスが寛いでいるぞ。大丈夫かな。
部屋の中が 暖かいから気持ちがいいんだろうな。
見て居ない時に、パンツ持ってかれたら嫌だからここのお店は止めて別の店に行こう。

さすがに私のパンツは持って行かないとは思うけどね。

と思いながらも、別の店に行ったら 別の店にも・・・・・・

しょうがないな。などとひとり言をいいながら店を出た。

コインランドリーデビューをすると決めていたのでここで止めてしまったら
意気地が無いだろう。
松下幸之助翁は『成功の秘訣は成功するまでやり続ける事だ』と教えてくれている。
止める訳にはいけない。

そこで、時間を変えて行った。 
怪しいホームレスは居なくなっていた。

ついに憧れのコインランドリーデビュー

幸之助翁の教えの通りやり続けたら道が開けたのだ。


学生の頃のコインランドリーは乾燥まで一気に仕上げてくれたような記憶があるが、今は洗うのと乾燥が別になっている。
洗剤はいらない。
23キロを選び、コインを入れて洗濯に入る。700円
その後、乾燥まで。500円

乾燥したところ、どのお客さんも畳みながら籠にしまっている。
やろうかと思ったが、恥ずかしい。

家族のいない寂しい老人じゃないか。と、思われちゃうんだろうな。
と、勝手に想像が膨らむ。

畳みながら籠にしまう作業が急に恥ずかしくなってしまい
私は、そのまま籠に放り込む。

私と同じくらいの男のお客さんは丁寧に畳んでいる。
横目で、その人を見てみると にこやかに、穏やかな表情をしている。
楽しそうにも見える。

まだまだ修行が足りないな。
などと思いながら、コインランドリーデビューは完了。

あーーーーっ。疲れた。新しい体験は、私の幅を広げてくれたかも。

2012/02/23

 

カラス除けから考えた事。

グリーンのネットからイエローのネットにゴミ捨て場のネットが変わった。
 
カラスは、黄色が嫌いなのでこの性質に注目し 焼津市ではネットを順次変更している話は聞いていた。

ようやくネットが黄色になった。カラスが集ってゴミ捨て場を汚していたのが気になっていたからね。

なんと、効果てき面。

カラスが来ていない。感心しました。

という話を友人にしたら、『鳥自体が減っている気がする。』という話になってしまった。

確かに。

そろそろ地震が来てしまうかもしれない。

地震が来たらかなりやっかいな事になるだろうな。

と、考え始めると暗くなる。

だから、難しい事は考えずに、準備をし、毎日を大切にして生きようと思う。

2012/02/22

 

沖縄そば

そば

昔沖縄に行った時に食した『沖縄そば』が不味くて、今回の研修時には食べる事はないだろう。と決めていた。

ところが、美ら海水族館 から帰る途中 沖縄そばしか置いていない店に入ってしまい仕方なく沖縄そばを食べた。これが美味しかった。

この店だ。

大家

印象が随分と違った。

美味しい「沖縄そば」はお勧めだ。

もう一つ、沖縄土産は結構難しかった。黒糖。ポルシェの紅芋タルト。などを買った。

泡盛は買わなかった。そうそう、オリオンビールは買った。持って帰るつもりだったが、空港で配ってしまい帰りには一本だけ持ち帰った。

お土産は難しいね。

2012/02/19

 

沖縄研修

01

沖縄研修に行ってきました。

寒かった。

沖縄は暖かいと思っていたんだけど。寒かった。

03

研修はいつ行っても楽しい。一年間 頑張ったご褒美だからね。

今回は、韓国に行くつもりで予定を立てていたけど、事情があって急遽沖縄研修となった。

不安定な世界情勢はこんなところにも影響を与えるのだ。

世界も小さくなった。

沖縄で特に印象に残ったのは、『美ら海水族館』だ。

02

今更ながら説明は要らないだろうけど、凄かった。

今年一年頑張ってまた研修にいくぞぉ。おーっ。

2012/02/18

 

春が近づいてきた。娘も4月からの方向が決まり、周りも春に向けてあわただしく動き出した。
時間は待っていてくれないし、確実に時間は過ぎていく。

今更ながらだけど、不思議な感じだ。

自分もやりたい事、やらなければいけない事。沢山あって困りながらも、順番に片付けている。

10年前に戻って、深まった内容に取り組もうとしている自分に気がついた。

時間軸は、同心円のスパイラルだという話を読んだ事があるが、まさしくそのような感じだ。

大変だけど、ワクワクしている。

2012/02/12

 

電通鬼十則

1、仕事は自ら、『創る』べきで、与えられるべきではない。
2、仕事とは、先手先手と『働き掛け』受身でやるべきではない。
3、『大きい仕事』と取り組め。小さい仕事は己を小さくする。
4、『難しい仕事』をねらえ。それを成し遂げるところに進歩がある。
5、取り組んだら『放すな』。殺されても放すな。
6、周囲を『引きずり廻せ』。
       引きずるのと引きずられるとでは長い間に天地の開きが出来る。
7、『計画』をもて。長期の計画をもっておれば、
                忍耐と工夫と正しい努力と希望が生まれる。
8、『自信』をもて。自信がないから気味の仕事は迫力も粘りも厚みすらない。
9、頭は常に『全回転』。八方に気を配って一分のすきがあってはならぬ。
     サービスとはそのようなものだ。
10、『摩擦を恐れるな』。摩擦は進歩の母、積極の肥料だ。
     でないと、君は卑屈未練になる。
 
心に響く。
この10則を心に常に持って生きていこう。自分の事だ。

2012/02/07

 

風邪をひいたかな

どうも風邪をひいたような気がする。のどが痛い。少し寒い。で、昨日から部屋を暖かくして寝るようにしているがまだ回復しない。

葛根湯を飲んで今日は仕事も休んで寝る事にする。

油断すると風邪をひく。

おじいさん になったからか。

2012/02/05

 

求人広告

お陰さまで非常に忙しくさせてもらっています。スタッフも残業が多く少しでも業務負担を軽くしてあげたいと思い求人を行なっています。


現場監督
設計
経理事務補助
営業職   などで募集をしています。

求人サイトも、リクルートさんのリクナビネクスト 静岡新聞さんの転職のかんづめ もちろんハローワークにも求人情報を出しています。

求人に対して応募してくれた方と面接をさせてもらうと縁を感じますね。応募された全ての方に入社をお願いできないのが残念です。

新しい事、新しい職場に挑戦するのは非常に大きな決意でエネルギーが要ることなので、面接をさせてもらうとどの方も「いきいき」としています。

挑戦することは大事な事だと、面接を通じて学ぶ事も多くあります。

2012/02/04

 

新卒者の新規採用DM

今月から新卒者の採用活動を本格的にはじめる。DMを出すのだ。そこで、DMの作成を始めた。難しい。リクルートの担当者からチェックを入れられて文面を変えようと思って書いてみたが難しい。ホンの一部を紹介。以下の文面にしたのだけれどどうだろう。



【求める人材・期待すること】
なにより素直で意欲がある方。大歓迎です。(なぜ素直で意欲があるかたなのか、理由をおしえてください)
素直な心でたくさんのことを吸収し、意欲的に、明るく元気に仲間と一緒に働きましょう!!!

コップの水が少なくなったのを見て、『これだけしか残っていない。』と考える人と一緒に働きたいのでは無く
「まだ、これだけ残っている。」と考える事ができる人と一緒に働きたいと考えています。
「まだ、これだけ残っている」と思考できる人は、表情も明るく、元気一杯。
社会人として大切なのは、知識や技術ではなく、『基本的な考え方』知識や能力は入社後、先輩社員が一つ一つ丁寧に研修を通じて伝えていく事ができますが、『基本的な考え方』は最初から教える事はできないのです。
今年からOJT委員会を設け、30歳以下のスタッフと一緒に勉強会を定期的に開催する事になりました。まるで学校に行っているかのような勉強会となることでしょう。

今読んでみたら、この文章では恐れをなして入社してくれないだろうな。
だけど、この文章が分かる学生に来てもらいたいと本気で思う。

どぉでしょうか。

2012/02/03

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ