山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2012年01月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

社員教育を考える

3KMを10年ぶりに全社でやる事を決めたのは先日書き込んだとおり。
そこで、自分も3KMの目標設定をしたところ、10年前の自分を思い出した。

あの頃は、あせっていた。慌てていた。怒っていた。走っていた。何をしたら良いのか迷っていた。次から次に問題が起こって戸惑っていた。仕組みつくりに没頭していた。熱中していた。休まず働いていた。事を思い出した。

社員教育というと重いけど、全員で勉強していた。

それが結果として社員教育となり今の会社を支えてくれている幹部社員に育った。

そこで、また全員で勉強する時間を取ろうと思う。

3つのグループに分けて始めることにした。

今年一年の目標だ。映画を観ながらのセミナーもやろうと思う。

ワクワクしてきたぞ。お楽しみに。

2012/01/29

 

あの先生が講演に!

2005年に教科書として取り上げた『サービスの教科書』の著者である高萩先生を講師としてお願し、快く講演を受けていただく事が出来た。
2012年6月に講演をお願いできた。詳しい案内はその時に。勉強になること間違いなし。

正直、嬉しい。いつかは先生とお会いしたいものだと思っていた当時を思い出す。サービスはおまけじゃない。値引きじゃない。サービスは誰のためにあるのか?『サービスの教科書』と出合った時の衝撃は、いまでも新鮮に覚えている。こんなに良い本なのに、今では販売されていない。その後、先生は何冊も執筆されているので、興味のある方は購入される事をお勧めしたい。

サービスの教科書の表紙には以下のことが書かれている。

あなたの『顧客第一主義』は間違っていませんか?
サービスはただ。全てのお客様に誠心誠意。お客様は神様。こんな思い込みは捨ててしまおう、独りよがりサービス、無意味なスローガンサービスを斬り、売上をアップさせるサービスを実現しよう。

ここから当社のサービスに対する考え方を学んだ。新鮮だった。
当時は、今よりも迷いが多く、いつも悩んでいた事を懐かしく思い出される。

高萩先生、講演を楽しみにしています。
 

2012/01/25

 

夢を書く。

見た夢を毎日手帳に書き込む事に取り組む事を正月に決めた。

毎日夢の中で、今日はこの内容を書こうと決めて目を覚ます。

眼鏡をかけて、手帳に向う。

夢の内容をもう忘れていて手帳に書くことが出来ない。

決めたことが出来ずにいる自分に腹が立って、このところ「もやもや」している。

無駄な事かもしれないが、夢の内容を書くことをやりたくなったのだから仕方が無い。決めたのだからやるしかない。

出来ない自分に「もやもや」する。

でもやり続けてみようと思う。

何故かって聞かれても困る。そぉ、思ったからだ。

年寄りとはそおいうものです。

2012/01/23

 

努力を習慣とする。

この言葉は、今年の教科書として採用した本の中に書かれている一文だ。

●努力を『習慣にしてしまう』法   として紹介されている。

もともと努力は一つの習慣である。
慣れてしまえば何の苦しみも無いものだが、慣れないうちは苦しいものだから、現在の仕事に怠惰な人はたとえ急に得意の位置に置かれることがあっても、一時は努力するが太刀持ち苦しくなって努力が鈍り、ついにはその位置を失うに至るであろう。

本文より

本当にそう思う。
自分も今、習慣にしようと思って取り組んでいる事がいくつかある。
それが、結構苦しいんだ。
習慣という視点から考えると挑戦しがいのある努力だ。もう少し続けてみようと思う。

2012/01/20

 

インフルエンザ

今年もインフルエンザが流行し始めた。社内でも「風邪だ。」と言ってマスクをしたり、休みを取っているスタッフが出始めてきた。

そこで、昨日全員に予防接種をうける様に伝えた。

病気になるとお客様・家族はもちろん本人も辛いからね。

私は、幸いにして風邪をひいていません。

風邪かな。と思うと 葛根湯 を飲むようにしているからかな。

ツムラの葛根湯が良い。参考までに

2012/01/14

 

新年

お2 お3

お5

今年も鬼岩寺さんでお祓いをしていただきました。

寒い中、集まり いよいよ御祓いをしていただきます。

今年のお祓いは、不思議な事に『工夫と努力』という言葉が浮かんできました。

お6 お1

お4

お祓いの最中に昨年の御札を炊く場面があるのですが、今年は昨年以上の煙で・・・・・

たくさん守っていただいた事を実感しながら、お祓いは続き、無事終わりました。

お7

今年も事故の無いように充分にお願いをしてきました。

2012/01/09

 

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

昨年は色々な気付きや学びがあった年でした。
ようやく秋3年目が過ぎ、冬の季節に入ります。長く感じた秋の季節でした。

秋の季節は収穫の季節。いい事も、悪い事も収穫と位置づけ、冬には次の12年に向けての新たなる土壌作りが始まります。(詳しく知りたい方はこちらを)

昨年までの3年間の収穫は凄かった。

思い出すと冷や汗が出てくるような収穫もあった。
ちょっと嬉しい収穫も。

不思議な事に、昨年は10年を振り返るような出来事がたくさんあった。
最後には、あの神田先生から表彰していただいた場面も。
これからの12年に向けて土壌作りに頑張ろうと思う。

さて、毎年恒例となった漢字一文字を使った今年の目標は、『聴』に決めた。
もっともっと周りの話を聞き、少しでも人のお役に立てれるようになっていこうと思う。そうすれば昨年の目標だった『味わう』にも繋がっていく事になるだろう。

新年を迎えて覚悟した次第でした。
今年もよろしくお願いします。

2012/01/03

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ