山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2011年11月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

教科書決定!

2012年度教科書を「本多清六 成功するために 必要な シンプルな 話をしよう」に決定しました。本日50冊注文。

来年からこの教科書をもとに勉強を仕事をしていく事になります。

本多清六は100年前の偉人。

今でも通じるこの内容は驚きでしかない。「貴方は本書に一日一回、必ず感謝する。」

と書かれている。お楽しみに。

2011/11/29

 

アラン 幸福論 より

92 幸福になる義務

幸福になろうと欲しないならば、幸福になることは不可能だということである。

アランは行動する事を勧めている。確かに行動しなければ何も始まらない。アランの幸福論は一貫して行動する事を勧めている。

2011/11/23

 

求人広告 

静岡新聞に求人広告を出す事に決めて今考えている。
少し、ハードルを高くした内容にしようと想っている。ハードルが高いというのは、応募しにくい。ということなのだ。相反しているようだが、それでいいと考えている。『頑張る』という覚悟を決めて応募してもらいたいからだ。

広告文


社員定着率九十六%の工務店が
大変だけどやりがいのある仕事を探している方募集。

設立以来55年間にわたって黒字経営を続けている㈱山田工務店は、焼津、藤枝に支店を構え従業員数四三名。。主な仕事は子育て世代応援住宅/耐震性が高く高品質でありながら子育て世代にも手が届く適正価格の新築住宅の提供。愛着のあるお家に長く安心して快適に住まう「お手伝い」の住宅リフォーム。
住宅産業は覚える事が多く大変ですが、『人の役に立てたんだ!』という実感を得ることが出来る本当にいい職業です。毎朝披露されるお客様アンケートから元気を貰い、時には『ありがとう』に涙する事も。

今回、業務多忙につき3名募集。

まるで学校に通っているかのような教育制度が完備。未経験者でも安心して応募できます。
頑張る事は恥ずかしい事ではない。かっこいいんだ。努力する。工夫する。考える。熱心に働く。の言葉を大切にしている職場です。

お会いできる事を楽しみにしています。

2011/11/18

 

幸福論 アラン

来年の教科書として使う本を探し始めている。なかなかいい本が無くて困っている。探す中で『幸福論』に出合った。100年以上も前に書かれた本なので言い回しが古くて読みにくいので教科書として取り上げるのは難しいが、幹部教育の教科書には使うことが出来そうだ。

人間は、意欲し創造することによってのみ幸福である。

幸福だから笑うわけではない。むしろ、笑うから幸福なのだと言いたい。

悲観主義は気分に属し、楽観主義は意志に属する。

幸福とは、静的な状態ではなく、動的な行いそのものだ。

いい内容だな。

2011/11/18

 

本日から全社イベント

今日から2日間全社イベントを開催します。昨日までの天気と違って今日はいい天気。やっぱり天気が良くないとね。
OBのお客様も遊びに来てくれるイベントは結構楽しい。
「ご無沙汰しています。お変わりありませんか。」そんな会話が出てくるのもこのイベントの特徴。
ゆったり構えながら今日一日を楽しもうと思う。

皆さん、来てね。

2011/11/12

 

残念だな

あるサイトを見ていたら、日赤のピンハネ率40パーセントだそうだ。日本ユニセフのピンハネ率16パーセントをはるかに超えている。

驚いた。

私も日赤に寄付したが、40パーセントも減ってしまった。何と言うことだ。

ユニセフの酷さを知っていたので、今回日赤に寄付をした。

直接届けるか、行政に委託するか。次回は考えなくてはいけないな。

2011/11/10

 

災害対策として171災害伝言ダイアル訓練

当社の今年度の災害対策の取り組みとして災害時の連絡網の整備と171を使った安否確認まで行うこととし、11月1日に171を使った伝言ダイアルの訓練を行なった。

災害用伝言ダイアルを使っての安否確認。

実際に使うことが今までに無かったので、戸惑いながらも。

全員の安否確認が終わって無事終了。

使うことが無い事を願うばかり。

2011/11/06

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ