山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2008年11月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

引渡し

薬師寺2回廊

先ほどお客様とお会いして「引渡し式」をしてきました。

どんな仕事にも節目があるので、当社では儀式として大切な節目を大切にしています。

そこで、本日は「引渡し式」をやって今帰ってきました。

夕方は「着工式」

そぉそぉ、午前中は「契約式」

という訳で結構忙しい。


今日の引渡しはとても印象深い引渡しとなりました。

詳しくは書けないけども、お施主さんの気持ちが良く伝わり 最後は握手して別れてきました。

かに座の新月の今日 新しい家を手に入れたご家族は この家で
間違いなく幸せな家庭を築く事が出来るでしょうね。

おめでとうございます。

2008/11/28

 

英語

薬師寺1

新しい英語教材をアマゾンで購入しました。
聞き流すだけで英語をマスター イソップ物語
招分割/和英順方式

著者について
小分割和英順方式普及会。当会のこの英語教材は、次の特長を持っています。

●[日本語→英語] 英語→日本語の順の従来型学習は、日本語が頭に残るだけで、英語が頭に残りませんでした。本教材では、日本語→英語の順なので、英語がよく頭に残ります。また日本語が先に来るので、辞書がいりません。

●[小分割] 少しずつ区切りながら進んでいきますから、スラスラ頭に入ります。

●[聞き流すだけ! スピード学習] 家で、電車で、車で聞き流しているだけで英語を覚えてしまいます。対訳方式のあの煩わしさがありません。楽勉しましょう。

●[右脳→左脳ラーニング] 言語中枢は左脳にあり、左脳には右耳がつながっています。この大脳生理学を応用。右耳からは英語が、左耳からは日本語が聞こえるため、英語が即頭に焼き付きます。音声バランスを英語側いっぱいにして、英語だけで聞くことも可能です。

●[英語の語順のまま] 英語の語順のまま頭に入ってきますから、英語感覚がすぐ身につきます。関係代名詞も、後ろから訳したりしません。文頭から訳していく同時通訳方式です。

●「物語」 物語だから、最後まで飽きずに楽しく続けられます。

●[米国式発音] 英語部分はアメリカ人(男性または女性)がゆっくりと発音。聞き取りやすいです。日本語部分は日本人が言っています。

洋物かぶれの私にとって最大の興味は英語です。
英語には興味があって使えるようになりたいといろいろな教材を試してみたのですがなかなか良い教材にめぐり合う事が出来ませんでした。

ところが、今度こそ良さそうな教材を見つけたのです。



これでおいらも外人だぜ。

2008/11/26

 

朝の習慣

屋根

朝出社するとこのページを書くようにしている。

昨日は、一日中二つのことを考えて、手配をした。

①来年のミッションクレド会議の時に使うDVDの選択と手配。

これが結構難しい。来年の来るべき課題を予測し、チームとして立ち向かう意識を造り上げる事が出来るような時間を全員で過ごせるようにしなくてはならない。

数ある資料の中から「これだ!」と思うものを二つ選び注文しました。
今は、秘密。みんなの楽しみが減ってしまうからね。

②毎年、教科書として一冊本を選んでその本を通して一年を過ごすようにしています。
その教科書の準備。

わかりやすく、全員の気持ちに入っていける教科書。ようやく決まりました。
これもお楽しみに!まもなく公開します。

それにしても今年の教科書「不動心」はとても良い選択だった。自画自賛。

2008/11/24

 

焼津文化センター

落とし蓋 出来上がり

昨日から焼津文化センターでイベントを開催しています。

OBのお客さんが沢山来場してくれました。ありがとうございます。

挨拶をさせていただくと、「チラシで会っているよ。」「頑張っているね。」

恥ずかしい限りです。(嬉!)

信頼関係が結ばれているとこちらも安心して話が出来ます。

良い家づくり のために必要な資源は、信頼関係 に尽きるような気がします。

信頼関係を維持できるよう努力を怠らないようにしたいと思います。


画像は、料理教室で作った「さばの味噌煮」です。

美味しそうに見えませんかね。

美味しかったですよ。

2008/11/23

 

料理教室開催 報告

料理教室01 料理教室02 料理教室03 料理教室04 料理教室05 私

料理教室やってきました。

社内的には、概ね好評。

満足感の高いセミナーだったようです。

私が思ったことは、料理は結構面白いが、味付けや後片付けを考えると今更ながら結構面倒な事がわかりました。
毎日食事を作ってくれてくれる家内には感謝。

次は、どんなセミナーを開催しようか?

考えています。

スタッフの皆さん、お楽しみに!

2008/11/22

 

ようやく

私

14日の夜から熱が出て17日には治ったと思ったが、まだまだ 20日の今日、何とか治ったような気がします。お騒がせしました。

歳を取ると、病気も治りにくくなりますね。

さて、今日は 焼津市からの企画で、料理講師を招いていただき「男の料理教室」を行います。

「料理教室」の発想のもとは、アトレ焼津の調理実習室を使ってみたい。というのが始まりです。5年前の事です。
5年くらいまでは、アトレ焼津の会議室を良く使わせてもらっていました。その時にすべての会議室を使ってみよう。などと、勝手に思い、少しづつ理由を付けながら会議室を借りていたのですが、5年前のある日、「企業には貸さない。」と言う方針が出されアトレ焼津の会議室は使えなくなってしまいました。

私には不思議でなりませんでした。何故なら、企業が頑張って社員教育を行えば、
①社員が家庭に持ち帰って その家庭もよくなる。
②教育の結果 企業が潤えば、企業からの税金も多くなる。結果として地域に税金が落ちます。
③施設利用率も上がり施設利用料も入る。

いい事ずくめだと思うのですが、何か勘違いをしている「儲ける=悪い事をしている」と考えたがる人達がルールを決めてしまったのかと思っています。

本当に残念でなりません。

それはそうと、料理の授業は 小学校の家庭科の授業以来。調理実習室を使えるなんて嬉しい。あの調理実習室から流れてくるいい匂い。小学校の時の思い出と一緒に思い出されます。今日は、さばの味噌煮 をつくります。どんな味噌煮が出来るでしょうか。
娘から借りたプーさんのエプロンを着けて頑張ります。

2008/11/20

 

熱が出た。

もうすぐ紅葉 平城京

久し振りに熱が出た。いつもは、36.4度ぐらいなのに38.4度まで上がって、37.4度からずっと下がらずようやく11月17日の今日、治って、書き込みをしています。この歳になると病気は大変。病気になって気付いた点がいくつかあります。
① 中学三年生の娘が看病してくれた。何か嬉しい。
② 熱があるときは、前頭葉のあたりが痛いが、治りかかりの時は、脳梁の辺りに痛みを感じる。芯が痛い。という感じ。
③ 病気の時に沢山食べても体重は増えない。
④ 身体が弱るとヘルペスが出やすい。
⑤ 定期的に身体を休めないと病気になる。
⑥ 暖めた部屋で休むと気持ちがいい。
⑦ 病気の時は、緑茶が美味しい。
⑧ 長く寝ていると疲れる。
⑨ 薬は、食後がいい薬と食前がいい薬と12時間おきの薬といろいろある。
⑩ 面倒でも病院に行った方が早く病気は治るような気がする。我慢してもね。
⑪ 熱は、夕方上がる。
⑫ 総合感冒薬は、眠くなる。
などなど、

どうでもいい事をずいぶんと気付きました。

2008/11/17

 

風邪を引いたようだ

法隆寺3 薬師寺2回廊

どうも風邪を引いたようだ。
小青龍湯を飲んで寝てしまいたいが、用事が終わらない。
そぉいえば、昨日の夜は頭が痛かった。気のせいと思い寝ておきたがまだ頭が痛いし、身体が熱い。
慣れていないことを我慢してしたからかもしれない。
風邪を引くと家族にうつしてしまいそうで申し訳ない。昔は、お風呂に入って寝れば次の日は健康になったのに歳をとるとそぉはいかない。
今日は、16時に来客予定なので。

いつも「社長のひとりごと」を読んでいただきありがとうございます。最近は、「読んでるよ。」と声をかけてもらう機会が増えてきました。何か洒落た事をお伝えしたいが、能力の問題で上手くいきません。お許し下さい。

このコラムを書くに当たって、静岡新聞の読者の声のコラムを読むようになりました。私が言うのも失礼かもしれませんが 平易な文章の中に上手に主張を入れてあって勉強になります。

先日も中学生の文章で、「ブラスバンドの男子生徒を」と言う内容が書かれていました。

来年こそは投稿してみたいと思っています。

2008/11/14

 

法隆寺

法隆寺1

最後の宮大工と呼ばれていた 「西岡常一」棟梁の書かれた本が好きで昔何回も読んだ事があります。西岡棟梁は 斑鳩の里「法隆寺」の宮大工として腕を磨き「薬師寺」の西塔を造った宮大工です。宅建協会の研修で連れて行ってもらいました。法隆寺・薬師寺 斑鳩の里 良かったですよ。大工さんの神様は、聖徳太子。きっちりお礼と感謝をしてきました。車の騒音の聞こえてこないとても静かな環境でした。

2008/11/13

 

工務店

花2

工務店について考える機会がこのところ多い。工務店とは一体なんだろうか?自分はどんな工務店にしたいのか。お客さんはどんな工務店を考えて期待しているのだろうか。スタッフはどんな工務店にしたいのか。このところずっと考えている。いろいろな考え方があると思う。全てに応えることはまず難しい。では、応える点、応えなくてはならない点。を分けて考えよう。しかし、考えがまとまらない。きっと一言では言えないからだと思う。ひとつわかっているのは「継続」。継続を軸に考えていきたいと思う。

2008/11/09

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ