山田工務店社長 山田耕治の社長のひとりごと

静岡のハウスメーカー山田工務店から社長のひとりごと

2008年01月

不定期更新です。気長にお付き合い下さい。

表示件数:

昨夜は、パーティ・パーティ。

変わった名前で何の事かと思うかもしれませんが、実は新年会の事。パーティ・パーティというと何かワクワクしてくるので会社の飲み会はこのような名前を使っています。

ちなみに、あの有名な京セラではコンパと呼んでいるそうです。

さて、当日のパーティ・パーティは、新年会を兼ねて全員が集りクイズを出したり、誕生日会をやったりと相変わらずとても楽しい時間を過ごす事ができました。

担当幹事は、一月の誕生日の人たちが幹事になって貰い、いろいろな設営をしてくれました。ありがとう。

毎回大きな感激を貰っています。

特に今月は私の誕生日でもあったので、大きなサプライズを貰いました。

なんと、家族からの手紙の朗読。(汗)そして(涙)でした。

画像を用意してあるのですが、近いうちに当日の様子をアップするのでお楽しみにしていてください。

昔は、「誕生日を祝うとは何て軟派だ。」と思っていましたが、今は、この年まで無事に生きてきた事は奇跡。この奇跡に感謝するのはもちろんまわりの人たちのも感謝しなくてはならないと思っています。

2008/01/31

 

ヤフー知恵袋より。

こんな記事が出ていた。

大笑い。面白いね。

内館牧子と朝青龍は、どちらが強いのですか?

内館牧子さんはデーブスペクターによるとヨーダのモデルとなった人だそうです。
ですのでいくら朝青龍と言えどフォースの力にはかないません。

2008/01/26

 

人が変わる瞬間

人が変わる瞬間

昨日は人が変わる瞬間に立ち会うことが出来た。少しその話をしたいと思う。

当社では、いろいろな役割を役職や部門を越えて 『委員会』という名前で運営している。委員会メンバー や 委員長となる主な目的は以下の通りだ。

○ 担当者のリーダーシップの育成のきっかけとする為。

○ 部門間の風通しを良くする為。

○ 委員会委員長となり気配りを学ぶ。

○ 完結するイベントの委員メンバーや委員長となる事で達成感を得やすい。

などなどだ。

はっぴいバザール委員会。

社内旅行委員会=満腹観光と呼ばれている。

ファミリーパーティ委員会=これも満腹観光と呼ばれている。

パーティ×2委員会=不定期に行われる社内懇親会

品質向上委員会 年間2回行われる品質向上大会の委員会

などなど。その都度、委員会が決まる。

そこで、今回 おそらく立候補は無いだろうと 専務と話をしてから 社内旅行の委員会=満腹観光の社長を社内公募したところ 立候補してきたスタッフがいたのだ。

「私に満腹観光の社長をさせてください。」

この瞬間に本人が変わった事を感じた。

もちろん本人も委員会委員長の趣旨を理解しての立候補。

きっと自分なりに悩んで立候補したことと思う。

反対する理由など何も無い。三代目の満腹観光の社長が決まったのだ。

担当者は今年大きく成長するだろう。とても楽しみだ。

大変な事も多いだろうが(我が儘なスタッフが多いからね。)頑張って満腹観光の社長を勤め上げてもらいたいと思う。

2008/01/26

 

小冊子を書く

小冊子

はっぴいプラス=㈱山田工務店不動産部の小冊子をバージョンアップする事にした。今のままでは内容が自分の思う内容とはなっていないからだ。私の生い立ちから始まって、何故そのような考え方になったのかをわかりやすく、事例を入れながら書き上げていきたいと思う。

そんな事を考えて形にしていきたいと思う。

2008/01/24

 

ダイエットについて

1月19日

今までいろいろなダイエットを少しだけ挑戦し続けたが、結果はなかなか出なかった。

一番頑張った時は『ライフスタイル革命』を熟読した時。その時は 菜食主義になったり 牛乳を飲まない を頑張った。

(今じゃあお肉も食べるし牛乳も飲むけどね。)

すぐにかぶれてしまう。

結果は全く変わらず。

最近では『もうデブとは言わせない』に感化されてレコーディングに励んだりもした。

そこで、気がついたのだが 無理は良くない。という普通の事実。

いろいろな種類のサプリメントが出ているが、効果があったりなかったり。と差があるのは 摂取ビタミンに偏りがあるとサプリメントの効果が薄いそうだ。

つまり、普通の事(普通の食事)が出来ていないと何をやっても無駄が多くなる。

身体にバランスよく栄養素がないとダイエットも効果が無い。

普通の事を普通にすれば適正な体重になるというなんでもない事実に気付いた。

そこで、昨年の10月.11月にバランスよく食事をする事を心がけたら 何と4キロも体重が下がった。

驚いた。

仕事も生活も普通にバランスよくが大切な事を改めて確認した。

2008/01/19

 

一月おーる・はっぴい。今年の目標

おーる・はっぴい

今年の山田耕治の目標。

今年の個人的な目標は『悪い言葉(不吉な言葉)は使わない』としました。
目標を考えている時、不思議な事に二回の場面で全く同じ話が出てきたのです。
そこで、この状態を、私は二回のサインとしてとらえ、そして今年の目標にしました。これこそシンクロニシティとよべる現象かも知れません。

一回目は、㈱山田工務店には毎年教科書があります。2008年 ㈱山田工務店 指定教科書 ヤンキース松井選手が書いた「不動心」に書かれていました。その部分だけ私には光っているように見えました。
 ~悔しい想いは口に出さない。何故なら 悔しい想いを口に出すと感情が高まり結果として自分が苦しむからだ。(要約)~
昔から 悪い言葉は言ってはいけないと教えられていましたが、何故言ってはいけないかが何と無く理解出来ないでいました。もちろん もともと 言葉には力がある。とか 言霊 という話も 知ってはいました。 しかし、その一文を読むと、自分の気持ちの中に 素直に入っていきました。
二回目は、先日知人から薦められたセミナー(『ツキを呼ぶ魔法の言葉』五日市剛氏講演)に行ったところ驚いた事に同じような話がありました。
言った言葉は実現してしまうから、悪い言葉は言ってはいけない。という事でした。言霊の力の凄さを幾つも教えていただきました。また面白い事も教えてもらいました。『悪い言葉を使ってしまった後どうしたらいいでしょう』的な実際の対策です。二つあるそうです。一つは 『今のは 間違い。』と言って言い直す。またもう一つは『○○と言ってしまいたくなるよ~!』と言えば良いそうです。面白くないですか。あまりに柔軟な対応で驚いてしまいます。悪い言葉を使っても、大丈夫。安心しました。
と言う事で、今年は 悪い言葉を使わない。を目標に頑張ります。もし、万が一悪い言葉を使いたくなるとき、「○○と言ってしまいたくなるよ~っ。」という事にします。
応援してくださいね。

皆さん今年も最後まで読んで頂きありがとうございます。感謝しています。今年も宜しく御願いいたします。

2008/01/18

 

感動する回数。

感動する回数

一日に感動する回数=365日÷年齢だそうだ。

私の場合は、365日÷48歳=7.6回

もうすぐ7.4回になってしまう。

0歳の子供は無限大

1歳の子供は365回一日に感動をする。

37歳から感動する回数が、一桁になる。

74歳から感動する回数が5回をきってしまう。

いつまでも若くいたいものですな。

2008/01/16

 

天国と地獄。

天国と地獄

天国と地獄は同じテーブルにあるそうだ。

大きくて長いテーブルに豪華で美味しそうな食事が並んでいる。

その食事を長い箸を使って食べるのだが、

天国にいる人たちは、お互いに譲り合って、長い箸で上手に料理を取って相手の口元に運ぶ。「美味しいですか?」「美味しいですよ。ありがとう。」

地獄にいる人たちは、自分で食べようとするが上手く食べる事ができない。

全く食べる事が出来ないでいる。

しかも、天国にいる人たちの様子をみて真似しようとしても地獄の人たちは真似できない。

身体が動かないのだ。

天国にいる人も地獄にいる人も同じテーブルに座って食事をしているのに。

天国と地獄は同じテーブルにいる。

と言う話を聞いた事があるだろうか。

気付いても出来ない。

運の良い人と、悪い人は 同じところにいる。

自分はどうだろうか。

2008/01/10

 

全ての学びは哲学に向かう。

海老サラダ

この言葉が結構気に入っている。

息子がお世話になっている学校でよく使われている言葉だ。

何故!何故!何故!繰り返し頭の中でこの言葉がよぎる時がある。

上手く行った時。
上手くいかなかった時。
これから何かを行う時。
学びはあるのか?無いのか?

いくら考えても仕方の無い事も多い。

少しでも真理に近づきたい。

でもわからないことが多い。

だから楽しいのかもしれない。

2008/01/10

 

新年明けましておめでとうございます。

正月

昨年中は大変お世話になりました。今年も宜しく御願い致します。

ホームページを年末に作り変えたのでなかなか更新が出来なくて力が余ってしまいました。

今年は、松井選手が書いた『不動心』を教科書にいろいろな問題を読み解いていきたいと思います。
以下に読み終わった後、心に残った部分を書き出して見ます。

など、など。

とても勉強になった。
今年も頑張ろう!

2008/01/09

 

社長のひとりごと一覧のページへ

現在地:トップページ社長のひとりごと

モデルハウスグランドオープン
来場予約キャンペーン
家づくりカフェ